Xperia acro auの本体メモリーを増やす方法。覚書

主に、移動できないアプリのいくつかを移動できるようにしてしまう方法です。

Xperia acro for auに限った話ではないですが、
スマートフォンの本体メモリーを増やす方法として有効なのが、
SDカードへとアプリを移動してしまうこと。

特にXperia acro auは、本体メモリーが少なくて困ります。

「App 2 SD」というアプリは、アプリをSDへ移動するというものなんですが、
この記事の設定をすると、移動可能なアプリがいくつか増えます。

ちなみにプリインストールアプリの削除は、root化を行う必要があるとか。

具体的な方法について

こちらのサイト様に記述がありました→アプリをmicroSDカードに移す

が、見たところ、「ADB」なるものを導入しろってことで。
これは、「Android SDK」をインストールしなさいってことを指します。

で検索したところ、こちらのサイト様に→【新・初心者向け】Android SDKの最新インストール手順2011年10月版!少しだけシンプルに解説!

ということで、この二つのサイトを参考に僕も行なってみたので、
覚書として自サイトでも記事にしてみました^^;

必要なものをインストール

まず必要なファイルをダウンロードして、インストールを済ませます。

Javaをゲット

こちらからJavaのインストールファイルを入手→Java SE Downloads

大きめのアイコンの一番左をクリック。

SnapCrab_NoName_2011-12-18_1-54-34_No-00.jpg

次に、自分の環境にあったファイルをダウンロード。

僕はwindows7の64bitなので、一番下の「jdk-7u2-windows-x64.exe」を。

SnapCrab_NoName_2011-12-18_1-54-51_No-00.jpg

自分のパソコンの環境を調べるには、「マイコンピュータ」を右クリックしてプロパティから。
windows7の場合は、スタートメニューの「コンピューター」を右クリックしてプロパティ。

ダウンロードしたファイルを、ウィザードに従ってインストールしましょう。

よくわからんけど、JavaFXっていうのもインストールしてしまった僕が居ますが(;´Д`)

Android SDKをゲット

こちらからインストールファイルをダウンロード→Download the Android SDK

サイトを開いたら、「installer_r16-windows.zip」をクリックしてダウンロード開始。

SnapCrab_NoName_2011-12-18_1-55-9_No-00.jpg

zipファイルなので解凍しましょう。

「android-sdk-windows」というフォルダが出てくるかと思います。

これを、Cドライブ直下に置きます。
Cドライブを開いて、フォルダごと移動させるっていう。

んで、android-sdk-windowsを開きます。

SnapCrab_NoName_2011-12-18_2-4-45_No-00.jpg

「SDK Manager.exe」を起動。

ちょっとタイムラグがあってかーらーのー、以下のウィンドウが出てきます。

SnapCrab_Android SDK Manager_2011-12-18_2-11-55_No-00.png

よくわかりませんが、チェックBOXを以下の画像の通りに入れましょう。

SnapCrab_Android SDK Manager_2011-12-18_2-12-26_No-00.png

んで、右下の「install 2 packages」をクリックすると、

規約に同意する画面が出てくるんで、「Accept All」ってところにチェックを。

で、「Install」でインストールが開始。
完了して「Close」が出てくるまで待ちましょう。

これでインストールは完了です。

パソコン側の設定

パソコン側にちょいと手を加える部分があります。

まずJavaのバージョンを確認します。

Javaをインストールしたフォルダ、通常は「Program files」の中かな?

に、「Java」ってフォルダがあるかと思います。

開くと「jdk1.7.0_02」ってフォルダがあります。
この「jdk1.7.0_02」という文字列を使います。

マイコンピュータを右クリックしてプロパティを。

windows7の場合は、スタートメニューのコンピューターを右クリックからプロパティ。
さらに、左のシステム詳細設定をクリックしましょう。

こんなウィンドウかと思いますが↓

SnapCrab_システムのプロパティ_2011-12-18_2-25-21_No-00.png

詳細設定タブを開くと、「環境変数(N)」ってのが下の方にあるので、クリック。

システム環境変数ってのが、あるかと思います。
そこの中に、変数と値って項目がありますよね。

人によって違うんですが、変数に「Path」という項目があるでしょうか?
ある人は、それを選択して、「編集」ボタンを。

なければ、「新規」というボタンをクリックしましょう。

んで、変数名に「Path」と入力、または入力されてることを確かめてください。

変数値のところを手動で変更するわけですが。

C:\android-sdk-windows\platform-tools;C:\android-sdk-windows\tools;

という項目を追加します。
新規からの人は、上の文字列を入力すればいいだけなんですが。

編集から行うと、既にいくつかの文字列が入力済みです。
消してしまうと不具合が起きるので、絶対に消さないでください。

文字列の最後に、セミコロンがあればその後から、上の項目を入力しましょう。
セミコロンがなければ、セミコロンの後に項目を入力。

セミコロンで、区切ってあるって話です。

入力が完了したら「OK」を。

とね、もう一つ設定するべきpathがあるみたいですが。なくてもいいのかな?
いちおう以下のpathも追加しておきましょう↓

C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_01\bin;

インストール出来たのかを確認する

無事に導入出来たのかを確認します。

スタートメニューのアクセサリーの中に、「コマンドプロンプト」または、「cmd.exe」があるかと思います。

黒い画面のウィンドウが立ち上がります。

手動で、「adb devices」と入力して、Enterキーを押してください。

List of devices attached

と表示されていれば、無事にインストールされています。

スマートフォン側の設定

スマートフォン側にも少々、設定の変更が必要です。

ホーム画面から、スマートフォンの設定画面に。
アプリケーションから、開発という項目をタップ。

「USBデバッグ」にチェックを入れてください。

これだけです。

接続してからの設定

スマートフォンをUSB接続すると、パソコンに認識され、
自動的にドライバのインストールが開始されるかと思います。

ドライバのインストールが完了したのなら、コマンドプロンプトにて以下のコマンドを実行。

adb shell pm setInstallLocation 2

何も起きてない感じがしますが、スマートフォンで「App 2 SD」を起動すると、
移動できるアプリの対象が増えています。

「App 2 SD」はマーケットから普通に手に入ります。

注意点

ただし、ウィジェットや、常駐させているアプリを移動させると、
エラーの原因になるので、移動させるのは避けたほうがいいでしょう。

移動させても、本体へ戻すこと。

以上!



posted by ありす | Comment(0) | 本体メモリーを増やす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

スマートフォン 手袋 レディースの紹介。指先が特殊!

スマートフォンを使うときに普通の手袋だと、滑ってしまってスマートフォンが反応しなかったりします。

が、スマートフォン用の手袋というのがあります。

指先に特殊な囲うがされていて、スマートフォンの画面がきちんと反応します。

女性の人のほうが、男性より手袋を使うことが多いと思いますので、
レディース用の手袋を紹介してみます。

一覧ページへのリンクも貼ってありますので、チェックしてみましょう☆

posted by ありす | Comment(1) | 手袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

スマートフォン アプリ 車でカーナビゲーション for Googleマップ

スマートフォンのアプリの内、車で遠出することがあったので、
カーナビゲーションのアプリを使ってみました。

スマフォのナビアプリは、Googleマップのものぐらいしかない気がします。

プリインストールされてるので、改めてインストールする必要はないとは思うんですが。

一応マーケットではこっち → Googleマップ

QR_Code.gif

ナビゲーションに従い、高速道路を進み、目的地に付くまで2時間。
充電が半分ぐらい減りましたが、たどり着くことができました。

位置情報もさほどズレることなく、安心の精度だと思います。

ちなみに、車でスマフォカーナビを使う場合、こういうのがあると固定しとけて便利です↓


spider podium スタイルは無限大 8本の足が自由に動くマルチスタンド ブラック SPIDERPODIUMBK...

準備

アプリをインストールしとくのは当たり前として、GPS機能をオンにしておく必要があります。

スマフォの設定画面、「現在地情報とセキュリティ」とタップしましょう。

で、「無線ネットワークを使用」「GPS機能を使用」という二つの項目にチェックを入れておきます。

起動の仕方

ホーム画面に、ショートカットを置いておきましょう。

screenshot_2011-11-23_0150.png

アプリケーションから、「マップ」か「ナビ」を設置しとくと楽です。

ナビは、現在地から目的地までの案内をしてくれます。

マップからですと、目的地と出発地を手動で入力して、地図の確認が出来まし、
お望みならば、そのままナビゲーションを開始することも出来ます。

ナビ

ナビを起動すると以下の様な画面がでると思います。

screenshot_2011-11-23_0148.png

目的地を音声でも、手動でも入力するとナビゲーションが開始されます。

現在地情報が取得され、現在地から目的地までのナビとなります。

マップ

マップを起動すると、Googleマップがでてきます。

screenshot_2011-11-23_0138.png

設定を開くと、「経路」という項目があるので、それをタップ。

出発地と目的地を入力する画面になります。

screenshot_2011-11-23_0138_1.png

入力し終わると、マップ上に検索された経路が表示されます。

screenshot_2011-11-23_0139.png

そのまま、右上の方の「ナビを開始」というボタンを押すと、
ナビゲーションが開始されます。

ナビゲーションが開始されると、現在地からの経路に切り替わるので注意してください。

ナビゲーション画面の操作

ナビを開始すると、以下の様な画面が出てきます。

screenshot_2011-11-23_0140.png

拡大縮小もできますし、マップを動かすことも出来ます。

現在地の表示に戻りたい場合は、左下の青い矢印をタップすると、
縮尺、場所ともに、すぐ自分の居場所に戻ります。

経路とナビ

ナビを開始するとき、いちいち目的地を入力するのが面倒なとき。

予め、目的地を保存しておいて、即座にナビゲーションを開始する方法があります。

それが、「経路とナビ」ですね。

ホーム画面でショートカットを作るときに「経路とナビ」って項目があります。
※Xperia acroの場合、アプリケーションではなくてショートカットにありました。

経路とナビをタップすると、目的地を入力する画面になります。

screenshot_2011-11-23_0151.png

ショートカット名は、ホーム画面でアイコンの下に表示される名前です。

例えば、自宅の住所を入れて、ショートカット名を「自宅」にすると、
以下の様に表示されることになります。

screenshot_2011-11-23_0150.png

タップすると、即座にナビゲーションが開始されます。

使ってみての感想

さきにも若干、述べましたけれども。

具体的には、埼玉県某所から、栃木県の益子焼きを見に益子へ行ったわけですが。

車にカーナビがないので、スマートフォンを使用しました。
位置情報もさほどズレることなく、安心の使い心地でした。

ただ、Xperia acroのauを使っているんですが、
これ本体メモリーが少ないんですよね(汗)

そのせいか、マップの読み込みが遅くなるときがあります。
また、アプリ終了後、ホーム画面が表示されるのが、これまた遅いです。

恐らくメモリ不足から来るものだと思うのですが、
まぁそれでも5秒もかからないんですけどね。

バッテリーの方ですが、行くまでの2時間の間ずっとナビゲーションを起動していましたが、
およそ半分にまで充電が減ってました。

これ目的地でカメラとか、動画とか撮って、通話もしたりすると、
帰りの分のバッテリーがなくなるっていう罠がぁぁぁぁ。

なので、追加のバッテリーは必要かもしれません。

高速に乗っている間はナビ切ってても良かったかな(;・∀・)

▼予備バッテリーはこれがおすすめ↓↓

容量が大きい上に、USB充電の機器になら使える代物。

これがしかも、無接点充電パッドに対応(別売)っていうね。

無接点充電ってのは、ケーブルを使わないで、パッドの上に置くだけで充電出来ちゃうっていう。

まぁ、なくても十分ですが(汗)

あとはPSPや、他の機器にも充電予定なら、変換コネクタがあると便利です。

posted by ありす | Comment(0) | カーナビアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

EメールをCメールに転送。受信通知で3G通信をオンにする。

3G通信をオフにして、通信料を節約している人へ。

auに限っての話になってしまいますが、CメールをEメールの受信通知として使用できます。
Cメールは受信だけは無料なので。

受信通知を受けたあと、3G通信をオンにしてEメールの送受信を行い、
その後、すぐに3Gをオフにするという使い方で、通信料の節約をしてみます。

ただ、僕のXperia acroですと、Eメールがサーバーにあるとの旨が通知されるので、
Cメールに転送するメリットは、内容を少しだけ見れるってことだけですかねー。

EメールをCメールに転送する

Xperiaのやり方なんですが、大概同じですよね^^;

まず、3G通信をオンにしてください。
Wi-Fiや、3Gなしだと、設定画面がなにやら開けない様なので(汗)

Eメールの画面を出して、設定画面を開きます。

screenshot_2011-11-17_2121_1.png

Xperiaの場合、画面下の3つのボタンの右のやつからですね。

で、「アドレス変更・その他の設定」をタッチ。

screenshot_2011-11-17_2121_2.png

パケット通信料がうんちゃらと出るので「OK」。
暗証番号入力と聞かれるので、携帯の契約時に決めた4桁の番号ですねー。

ここで、メール転送の設定ができます。

転送先のメールアドレス

自分のCメールのアドレスなんですが、地域によって「@」の後が異なります。
「@」の前は自分の電話番号ですね。

  • 関東・中部 → cmail.ido.ne.jp
  • 北海道 → dct.dion.ne.jp
  • 東北 → tct.dion.ne.jp
  • 北陸 → hct.dion.ne.jp
  • 関西 → kct.dion.ne.jp
  • 中国 → cct.dion.ne.jp
  • 四国 → sct.dion.ne.jp
  • 九州 → qct.dion.ne.jp
  • 沖縄 → oct.dion.ne.jp

といった感じです。

僕は関東在住なので、

電話番号@cmail.ido.ne.jp

になります。

Cメール転送の受信内容の設定

転送するときに、Eメールの差出人、タイトル、本文の3つを指定して受信することが可能です。

設定がない場合、全て受信しますので、
差出人だけ知りたかったり、タイトルだけでよかったり、
そうした場合にしか使いませんかね〜

Cメールアドレスの、電話番号のあとにアルファベットをつけることで設定します。

  • .f → 差出人
  • .s → タイトル
  • .b → 本文

という感じ。

差出人とタイトルを受信したい場合は、

電話番号.fs@cmail.ido.ne.jp

になります。

ちなみに、時間まで設定できます。

Cメールに転送する時間帯ですね。

@の前に、

.09-23

付けると、午前9時〜午後11時までは転送されるようになります。

posted by ありす | Comment(2) | Cメールに転送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

スマートフォンの通信料金の節約方法 for 3G通信オフ

auですと、フラットなんちゃらプランで、月額5500円程度がかかります。

これ、これまでダブル定額を使っていて、
無料通信の内で収まっていた人にとっては、
確実に負担が大きくなるプラン変更になると思います。

ここ、スマートフォンでもフラットプランではなく、ダブル定額でも契約することが可能です。

スマフォ本体の料金を分割にしている場合、分割割引を適応するために、
ダブル定額ライトなどのプランだと割引が消えます。

なので、ダブル定額に申し込みます。

そして、Wi-Fi中心の使い方をすることで、節約が出来ます。

自宅に無線LANなどが無い人だと、難しいかもしれません。

3G通信機能を無効にする

3G通信をすることで、通信料が加算されていくわけですが。
スマフォの場合、この機能を設定でOFFにすることが可能です。

そうすることで、確実に通信をさせないことが出来ます。

OFFにしても、通話や着信は普段通りなので心配ないです。

設定方法

ホーム画面で設定を開きましょう。

Xperia acroの場合、下の3つのボタンの一番みぎですね。

screenshot_2011-11-17_0215.png

「無線とネットワーク」をタッチ。

screenshot_2011-11-17_0215_1.png

次に、「モバイルネットワーク」をタッチ。

screenshot_2011-11-17_0216.png

「データ通信を有効にする」という項目が出てくるかと思います。

ここのチェックをはずすことで、3G通信機能をオフにすることが出来ます。

Wi-Fiの設定

自宅に無線LANがある場合、Wi-Fi接続が可能だと思います。

Wi-Fiの設定は、「無線とネットワーク」から行います。

まず、「Wi-Fi」という項目にチェックを入れておきましょう。

次に「Wi-Fi設定」をタッチ。

「Wi-Fiネットワークを追加」から、SSIDやセキュリティの種類、パスワードなどを入力しましょう。

すると、Wi-Fi範囲に入った時、自動で接続してくれます。

Wi-Fiは無料ですし、通信速度も3Gより早いかと思います。

また、外出先の場合、「無料公衆無線LANスポット」を使用することで、
無料でWi-Fi接続が可能となります。

auの場合、設定を済ませておけば、auスポットが使えます。

Wi-Fiも3Gも極力使わずにEメールの送受信だけ行う方法

3G機能をオフにしたのはいいが、Wi-Fiがない場合。

メールの受信だけを行うのであれば、その都度3Gをオンにし、
Eメールを送受信後、再び3Gを切るという方法がよいかと思います。

3G、Wi-Fiともに接続がない場合、Eメールが届いたのかすら確認出来ないので、
EメールをCメールに転送して、Eメールが届いたことを確認。

3Gをオンにして、Eメールを受信する。

つまり、Cメールを、Eメールの受信通知がわりにする方法があります。

それはこちらの記事より→EメールをCメールに転送。受信通知で3Gをオンにする。
posted by ありす | Comment(0) | 料金節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。